このところ、何か手続きをするたびに「マイナンバーカード」と言われます。

 

もちろん、今のところ免許証があればそれで問題ないのでしょうが、政府が推してるマイナンバー制度・・・

そろそろ無視できないくらいの存在になりつつあるなと思っています。

あれって、スマホをカードの上にポンと置くだけで住所やら何やらを自動的に読み込んでくれるんですよね( ゚Д゚)

 

スマホで住所などの情報を入力するの、面倒だと感じる人って多いですよね?

そういう人にとっては、置くだけ簡単機能なので便利に違いない。

いろんな申請が電子化されていく流れの中で、あのカード1枚あれば大抵のことは事足りるんですよね。

これ、運転免許証ではできないことです。

 

 

そして、それと同じく勢いを感じるのはキャッシュレスの流れ。

 

どちらも共通しているのは「電子化」なんですよ。

 

この大きな潮流は、過去に何度か感じることがありました。

 

例えば、DOSからWindowsに変化してきた時。

他には、ポケベルからPHSに変化してきた時。

 

その後の流れは一気に進んで、日常にパソコンがあることや、持ち物に携帯電話があることが当たり前になっていきました。

それも、すごい勢いで。

 

きっと、電子化の流れも同じで数年後には「当たり前」のものになってくんでしょうね。

 

そう考えていると、12月には木星も土星も水瓶座にイングレスしますので、2021年にはその流れが一気に加速していくんだろうと思います。

 

木星も土星もどちらも社会天体なので、私たちの生活に根差したものとなっていくはず。

 

それを予感しつつも、いまだにクレジット決済主義で、電子マネーなるものを使っていません。

そのうち私も電子マネーデビューするんでしょうね(;^ω^)

 

未だに自分のETCカードも持っていないし、ICOCAとかも持っていない時代遅れの人間なので、既に波に乗り遅れた感は否めませんが・・・・。

 

何とかついて行かなくては!と思っております。

人の未来予測ばかりをやっているんじゃなくて、年に一度は自分の未来予測をやってみたりします。

 

で、それをスケジュール帳にメモメモしておくんですね。

 

面倒だから自分の誕生日近辺で1年分をやっておいて、あとは月1くらいで手帳を眺めて予測に対する結果を書いていったりしています。

 

そういう作業を何年も続けていると、手帳の内容をみることでリマインドされているようになるんです。

 

例えば、

 

「あ。今月は何か興味あることに夢中になるんかも」

 

と分かれば、

 

「じゃ、前から気になってたアレやってみよっかな」

 

と、なるわけです。

すると、それに合わせたように物事が動いていくんですよね。

 

これって、その時に動きやすい方向に自分からス〜っと入っていくことで波に乗ってるイメージなんですよ。

その波に乗っているから物事が上手く進んでいく感じがします。

 

なんとなく、当たり前のようにやっているんですが、人から聞かれたんですよ。

 

「なんでいっつも、試しにやってみたってのが、そんなタイミングいいん?」

 

「そりゃ占い師やから・・・(笑)」

 

とカッコつけて答えたりしますが、要は「そうそう!いま、こういう時期やから、それやってみよう」と流れに乗ってるだけなんですよね。

 

だって手帳に書いてるから!

過去の私(だいたい誕生日あたりの)が書いた未来予測は、未来の私にあてたメッセージなわけです。

 

こうやって、その時の流れにそって動いてみることで上手くいくことが増えていくわけですが、もしやコレこそが開運方法なのでは?!

 

と今更ながら気づいたわけです。

 

開運方法って、もっと何か特殊なヤツでエイヤーと行うイメージがあったんですが(え?このイメージ古い?)運気の波に乗るってことを考えれば、この方法でもいいんじゃないでしょうか?

 

実際、私自身は無理なく生きられているな〜と思っています。

 

未来予測は天気予報のようなもの。

 

心の準備ができるだけでも大きく気分が違ってきますよね。

 

あと、占うだけでは開運しません。

その波に乗るためには「自ら動く」ことが不可欠ですから。

 

この両方ができるなら、少しずつ生きやすくなるんじゃないかなと思っています。

 

もし、未来予測に興味があれば、こちらのメニューをご覧くださいね☆

最近、ひょんなことから一眼レフのカメラが手に入りました。

 

古い型のものだけど、コンパクトで手に馴染みやすいサイズです。

 

写真を撮られることが嫌いなので、カメラに全く興味がなかったのですが、インスタ(犬ばかり)を始めるようになってからというもの、犬の写真をきれいに撮れるカメラが欲しかったのです。

 

テクニックがないので、カメラでキレイに撮れるといいなと思い、iPhone11プロを買おうかと思っていた矢先の出来事でした。

 

古い型やけど、まずこれを使ってみたら?

 

そのアドバイスは私にとって納得いくものだったので、さっそく使ってみることに。

 

ところが・・・。

 

スマホのように、単にシャッターボタン(のようなもの)を押せばいいというわけではなく・・・。

昔の「バカちょんカメラ」と言われているものしか使ったことがない私にとって、デジタル一眼レフにはボタンがいっぱいあって何が何やら分かりません(*_*;

 

こうなったら、説明書を隅から隅まで読むしかない!!

 

ということで、カメラの勉強をしました。

分からない所は、アマゾンでそのカメラの特集をした古本を買い、さらに調べることに。

 

専門用語は分からないし、仕組みは分からないし、何をしたらイメージしている写真が撮れるかも分からないし。

 

ようやく、言葉を覚えてポイントになる操作も覚えたところで、今度はカメラのどの部分を調整すればいいのかも分からない。

 

それでも「まずは使ってみないと!」と思い、1か月ほど毎日カメラを持ち歩いてシャッターを切り続けました。

 

思うように動かしたいなら、無意識でもカメラを操作できるように馴染まないと!

 

と、サクサク動かせるようにします。

そして、いろんなシーンで自分なりに撮りたいイメージに調整をしていきました。

 

まだまだ上手くないし、姉に言わせてみれば「あんた下手くそやねん」の一言でバッサリ切り捨てられます(;^ω^)

 

それでも、私が感じたことは「楽しい!!」でした。

 

知らない世界に飛び込んだら、まずは専門用語の壁にぶち当たります。

説明書を読んでも、専門用語が分からないので理解できないんですよね。

 

その専門用語を調べながら説明書を読み、自分なりに理解し、それを試してみる。

 

そしたら全然違うことをしていたり、その世界で当たり前のことさえ知らないので、さらに大きな壁にぶち当たったり(笑)

 

カメラのレンズは勝手に伸縮すると思っていたら、手で回して調整するんですね!

(そんなことも知らんのか!!)

 

新しいことを知る喜びや、試しにやったことが成功すると凄く嬉しいんです!(^^)!

 

趣味:犬をかわいがること

 

それしかなかった私のなかに、

 

趣味:カメラ(下手の横好き)

 

という項目が追加されました。

 

そういや、占星術を始めたばかりの頃も、何のマークか分からないし、何の意味かも分からないことがたくさんあって「手も足も出ない」と思ってたな〜。

 

どんな時も、始まりはいつでも壁だらけで四苦八苦しますが、少しずつそこを乗り越えていけたら楽しいと感じることが増えますね。

 

いま、そういう「楽しい」を感じられることが増えていて、これからもっとハマりそうです☆

今年に入って、

 

私の仕事のやり方が、いかに「環境に左右されない」か

 

を、思い知りました。

 

もともと、マイペースに仕事がしたいと思って今のスタイルを選びました。

 

人と会うことが苦手なので、できるだけメールやZOOM、電話などで鑑定をしたい。

人と仕事をすることが苦手なので、自分一人で完結する仕事をやりたい。

「他の誰か」ではなく、「私」にしかできない仕事をしたい。

 

いろんな願望がありました。

 

どれも、叶っていると思います。

 

占い師さんは山ほどいますが、リピーターのお客様は「あの占い師にみてもらおう」と思って、ご依頼くださいます。

つまり、どこかで「他と区別」してくれているんだと思うのです。

ほんの少しでも選んでもらえているなら、それは私にとって嬉しいこと☆

 

この仕事のやり方になってから、日々のストレスはほとんどありません。

 

そして、コロナ禍や猛暑となって分かったことは、今の私の仕事のスタイルは、人にも環境にも左右されないということでした。

 

それを望んでいたけど、実際に極端な環境になったことで、あらためてその強みを実感できたわけです。

 

でも、言い方を変えると、私自身の性格がいかに「非社交的か」を表しています。

 

気づくと、世界が狭くなっていたり、日々進歩していく占いの技術から取り残されたりする恐れがあるんですよね。

その辺りは要注意。

 

だけど、自分がどうやって仕事をしていくのか?

 

ということは、私にとって大きな課題となっている時期がありました。

その中で、いろいろ考え、葛藤し、ようやく作り出したスタイルが今の形です。

 

それが、この状況になって自分にとって「間違ってなかった」と思えたことは、大きな収穫でした。

 

このスタイルをベースに、これからもう少し活動の幅を広げていきたいなと考えています。

 

どうやって、仕事をやっていくのか?

 

これは、けっこう大事なテーマなのかもしれませんね。

最近、未来予測をお申込みいただくことが増えました☆

 

お誕生日月の方は12か月分を10,000円で承っています。

 

初めのうちは、あまりお申込みがなかったのですが、一度ご利用してくださった方のほとんどが翌年もご利用くださいます。

 

毎月、確認しています!

何かあった時に見返したら、ほんとうにそう書いてある!

読んだときはピンとこなかったけど、その時になってみたら「このことか!」と思いました

 

など、みなさん何か手ごたえがあったからリピートしてくれるようです。

 

占い師としては、本当にそれが嬉しくて仕方がありません。

 

西洋占星術による未来予測は、転ばぬ先の杖だと思っています。

もっと簡単に言えば、天気予報のようなものなんです。

 

分かっていれば、備えられる。

分かっていれば、そのタイミングでもっと高く跳ぶことだってできる。

辛いことも、ある程度の期限が分かれば心を強く持っていられる。

 

知ることで得られるメリットは測り知れません。

 

占いは上手に使ってなんぼ。

 

コレは私の持論です。

どうか、未来を創っていくために占いを使ってくださいね。

 


Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM