今日は「西洋占星術を勉強してよかった!」というお客様の声を記事にしたいと思います。

ここではAさんと言わせていただきます。

(ご本人様から許可をいただいて記事にしております)

 

 

西洋占星術は、未来予測だけではなく自分を知るためのツールとしても非常に優れている。

 

私はそう思っています。

また、常々お話しているように

 

自分を知ることは幸せへの一番の近道

 

だと私は思っています。

 

だから、西洋占星術を学んで自分を知るということは、「自分で自分を幸せにする」方法の1つだと確信しているわけです。

 

ということで、私の西洋占星術講座は「自分を知ろう!」というテーマを含んでいます。

 

さて、そういう講座を受講していただいた方から、嬉しい声が届いています。

 

それは・・・・

 

相手と上手くコミュニケーションをとれるようになった!

 

というものでした。

 

Aさんの特徴を簡単に説明すると、水のサインが強調されているんです。

つまり、とっても情感豊かで心情を大事にする傾向が強いのです。

 

当然、LINEやメールの文章はご自身の心情を正確に相手に伝えるために文字数が多くなりますし、気持ちの動きを細かく相手に伝えようとします。

 

自分の心情や状況を相手に知ってもらうことで安心しますし、相手の心情や状況を知って共感したいわけです。

 

ところが・・・・

 

コミュニケーションを取りたい、仲良くしたいと思っている相手が全く違う性質を持っている場合・・・・

 

これを繰り返していると

 

重い

面倒

 

と思われてしまうことがあります。

 

Aさんが仲良くしたい人は、風のサインや火のサインが多い方です。

つまり、ノリの良さと軽やかさを好ましく感じ、その時々に関心ある事に夢中になります。

 

疲れているときだと、長い長りラインをスクロールして最後まで読もうという気さえ湧いてないかもしれない・・・(*_*;

 

要は、Aさんの「私とあなたでじっくり向き合って、深くて濃い関係を作っていきましょう」的なノリは合わないわけですね。

 

これだけ見ていれば、

 

じゃ、コミュニケーション取りたいなら、軽やかでノリの良さで攻めたらいいやん!

 

と誰でも思いますよね。

そうなんですよ。

相手の関心がありそうなエサをバラまいて、相手がサクサク〜っと手軽に返信できるような連絡をすりゃいいんです。

 

 

ところが!!!

 

Aさんの場合、ご自身が「これが私!」と思う自己像は火のサインなのです。

 

自分では、火のサインの「開けっぴろげで開放感があるドライな感じ」という自己像を持っているわけですね。

 

つまり、ご本人様は「私はベッタリしたいわけじゃない!むしろ、軽やかでノリがいいタイプなの!」って思ってるわけです。

 

そもそも「ベッタリ」とか「重たい」とか言われること自体が心外なわけですよ。

 

だけど、相手への関わり方や、気持ちの伝え方、自分が周りに出している雰囲気や好ましい人間関係は水サインなんですよね〜。

 

ここに、大きな矛盾を抱えているわけです。

 

当然、占いのアドバイスとしても「もう少し、サラっと短い文章でLINEした方が相手も気楽だと思うんだけどな〜」というものになりますが、Aさんにとっては「正確に自分のことを相手に伝えたいだけなんです」という反応になるわけですよ。

 

でも、Aさんは自分が「こうなりたい!」と思い描く未来を創るために努力を惜しみません。

 

未来を変えるため、なりたい自分になるため占いをしているんです!!!

 

そんな風に占いと向き合ってくださる方です。

 

その努力と内省たるや、脱帽モノですよ。

 

そのAさんが、「自分を知りたい」という思いで講座を受講してくださいました。

 

その結果、もうダメかも・・・と誰もが諦めたくなる状況から、相手の方と上手くコミュニケーションがとれるようになって、二人で食事へ行けるようになりました。

 

自己像と言動が矛盾する性質のAさんが、どうやって自分を変えていくことができたのか?

 

次回へ続きます。

 

Comment





   

Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM