「キングダム」本棚を作ったら、なんか違うのが入ってる・・・・。

 

***************************************************

 

 

占いのお客様から、メールで近況をいただくことがあります。

 

その中で「年間占いの結果が当たってたんです!どうして分かったんですか?!」というような嬉しいコメントがあったりします(^^♪

 

占い師にとって「当たってた」と言われることは、やっぱり嬉しいんですよね。

 

でも、「どうして?!」と言われたら、やっぱり何個かきちんとした理由があるんです。

 

理由1

占い(イーチンタロット・西洋占星術)をしっかりやっていれば、的中率は高くなる

→コレは、仕事としてやっているなら当然と言えば当然かな。

 

理由2

リピーターのお客様だから

→何度かご相談いただいていると、フィーリングが掴みやすくなります。

 

理由3

お客様がきちんと情報をくれるから

→実はコレが一番の理由

 

私は「霊視」をしているわけではありません。

ですから、「とにかく何も聞かずに、まずは占ってください」という方のご依頼はお断りしています。

 

だって、霊視ではないので何も言わずに状況を当てるとかって無理なんですもん。

 

その方が独身なのか、既婚者なのか、お子様の有無やなどの基本的な情報がなければ、具体的な結果を出すことはできません。

 

「占いの結果はきちんと答えを出していたのに、そこまでリーディングできなかった・・・」

 

実はコレ、占い師アルアルだと思います。

事前情報がしっかりとあれば、ミスリーディングは減ります。

 

より具体的で、結果が当たった!という場合、占い師の技量だけではなく、実はお客様の協力があるからなんですね。

 

占いの結果が示すメッセージは多岐にわたります。

その中で、その人に起こりやすいことはどんなことか?

どういう形で発生しやすいのか?

それは、その人が教えてくれた情報から絞り込んでいくのです。

 

例えば、「何かのお世話で忙しくなりそう・・・」という結果が出た場合があるとしましょう。

 

お客様が、独身でお子様もいない場合なら「子供の世話」という可能性は少ないでしょうし、ご老人と同居している方なら「介護」に結び付くかもしれません。

 

占いで「幼児の世話」とか「老人の介護」という具体的な結果が出るのではありません。

 

私の場合、それらを暗示するものが出ている中で「じゃ、具体的にこの人に起こりそうなことは何だろう?」と考えるわけです。

 

ですから、生年月日も情報も何もない中で「具体的に当たる占い」はできないのです。

 

皆様に協力をしてもらっているから、役立つ占いの結果を提供できるのです。

 

いつも、鑑定の際には皆様にいろいろとご協力いただいています。

そのたびに「私って、お客様に恵まれているな〜」と嬉しくなります。

 

今後とも、こうやってお仕事ができれば幸せです(^^♪

Comment





   

Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM