この金曜日と土曜日にお休みを頂いて、兵庫県内ではありますが羽を伸ばしに行っていました。

 

ワンコもつれていっていたので、コテージに泊まっていたのですが平日にもかかわらず満室!!!

 

実際に行ってみると、ほとんどが大人でしたが、お子様もチラホラと見かけました。

 

SAでも思ったのですが、平日なのに人が結構いるんですよ。

 

去年だったから考えられなかったことです。

 

もちろんGOTOキャンペーンという影響も大きくあるのでしょうが、お休みをとってでもレクリエーションを楽しむ人が増えたということだと思います。

 

あるいは、働き方が変わって自由になる時間が増えているのかもしれません。

 

いずれにしても、少しずつ人の時間の使い方が変わってきているんことを実感しました。

 

そのうち、平日だから空いているなんて事もなくなるのかもしれませんね。

 

まだまだ職業によって大きく差はあるのでしょうが、いつ働いて、どう働くか?という形を個人が選べる時代がくるのではないでしょうか。

 

そんな未来を感じました。

最近、電子化の波がすごいな〜と思っています。

 

政府、肝いりの政策である「GOTOシリーズ」なんかもその一つ。

 

9月に両親を連れて森のコテージに遊びに行きました。

その予約をしたのが7月。

当時はキャンペーンは始まっていなかったので、適用されないものと思っていたら、清算の時に異常に安くなっていることに気づきました。

利用するタイミングとしては適用期間だったため、宿側の配慮で適用してくれていたのです。

 

安さに感激して一気にテンションがあがりました。

 

それに気を良くして、8月も兵庫県内のコテージを予約しました。

本来ならキャンプにするところをキャンペーン期間中なら割高なコテージでも一向にきになりません。

しかもコテージなら雨でも問題なし!

 

でも、この時は自分でキャンペーンの手続きをしないといけなかったんですよ。(当然だ)

 

予約したコテージは大手トラベルサイトに登録していないため、キャンペーンを適用させるためには自分で政府が用意しているサイトに行って手続きをして宿に申告しなければいけません。

 

その手続きの面倒なこと!!

 

私、そういうの割とサクサクできるタイプなんですが、サイトが見にくいうえに手間が多い(*_*)

 

おまけに、それとは別に宿によっては宿泊者名簿を先に印刷して自分で記入してから持ってきて!

という指示があったりします。

(検温が必須なため、窓口での手間を省くためらしい。ま、これも当然だ)

 

あと、身分証明書なんかはマイナンバーカード・パスポート・運転免許証を持っていない人は、もう最悪。

政府が指定した範囲内の書類を複数用意しないといけない。

それをチェックす宿側も大変。

 

一回使って慣れてしまえばどうってことないけど、初めて行ったときは手間暇に驚きました。

 

大手旅行サイトを使って予約した時でも、複数のパターンから選択をしなくてはいけないし、その時に自分に適用されるクーポンをはじめからゲットしておく必要があったりします。

 

その時にクーポンがなくても、後から地域共通クーポンが適用されましたので・・・というお知らせがきたりもします。

 

それ自体はお得情報なので嬉しいのですが、現地でQRコードを宿に見せてください的な内容だったりします。

 

つまり、パソコン・スマホ操作ができて当たり前。

 

ネット環境が整っていることが当然。

 

後からどんどん変わるシステムに臨機応変に対応できる人がお得になって、複雑な仕組みを理解して、該当の画面をサっと出せる人が使えるんですよね。

 

正直、こんなに面倒ならいらんわ〜

 

という人も多いでしょうし、どうやるか分からへん・・・・

 

という人はもっと多いと思います。


政策そのものは良いんやけど、多様化している仕組みに対応するために、かえって手続きが複雑化してしまってるんですよね。


その結果、使える人にしか使えない・・・という印象を受けました。

 

実際、うちの両親は全く使えないと思います。
我が配偶者も「こんなん自分でできへんわ・・・」と言っていました。

 

他にもマイナポイント。

 

マイナンバーカードの申請もスマホで簡単にできる!と言っていますが、あれって高齢者には「簡単」ではないですよ?

 

両親の分をスマホで行ったとき、「え?もうできたん?」と驚いていましたが、スマホを日々使っている親でも「よく分からんかった」と言っていました。

 

スマホが使えても、よく分からないと感じる人がいるってことですね。

 

でも、そういう人のためにお役所では人員を確保してお手伝いをしてくれるそうです。

うちの母は、実際にマイナンバーカードの発行にお役所へ行ったとき、一緒にマイナポイントの設定をしてもらえたようです。

 

とっても丁寧で親切だったと言っていました(^^♪

 

GOTOキャンペーンはそうやって「使い方が分からない人」のサポート体制が弱いのかもしれませんが、何としても浸透させたいマイナンバーカードは徹底的にサポートしてくれるようです。

 

なんにしても、電子化の波って便利に使える人と、そうではない人によってお得感が違ったりしますよね。

 

今の私はそれについて行けたとしても、親くらいの年齢になった時、きっと自分も困るんだろうな〜と考えたりしました。

リピーターの方は既にご存知かと思いますが、改めてアナウンスしたいことがあります。

 

幣サイトにおけるやりとりは、全てメールで行います。

 

そのため、メールの送受信ができない方の受付はできません。

 

最近、頻繁に「お問い合わせ」からご連絡を頂いた方で、「メールの受信ができないので、こちらにお電話ください」というケースが増えています。

 

本当にメールの受信ができない方もいらっしゃると思いますが、多くの場合は何かの勧誘です。

 

大変申し訳ありませんが、個人で運営しているため、こちらからの最低限のお願いに沿って頂ける方のみ、お付き合いさせてもらっています。

 

お電話での対応はしていません。

 

また、カップル・ご夫婦以外の男性のお客様との対面鑑定は行っておりません。

 

誠に勝手なお願いではございますが、メール環境が整われましたら改めてご連絡いただければ幸いです。

 

よろしくお願いします。

 

りょう

 

 

私はカウンセラーでもないし、心理学を専門に学んだこともないので「トラウマの克服」の仕方が分かりません。

 

なので、お客様の話をとことん聞いて、一緒に考えて、「こんな時は、こんな風に対処してみたらどうかな?」と提案するくらいしかできないのです。

 

それも占いという方法を使って、その人にとって何がやりやすいか?を検討するくらいしかできないのです。

 

でも、「自分はコレがトラウマになっていて、生活面でこういう問題につながっている」と本人が自覚している場合って案外少ないんですよね。

 

実際は、本人が自覚していないことの方が多くて、はたから見ていたら明らかなのに、それを頑なに見ないようにしているケースが一番多いように感じます。

 

それを自覚するのが怖いのか、それを直視することさえ避けているのか・・・・。

 

人それぞれにパターンは違うのですが、いずれにしても他人から見ると明らかなことも、本人が認めようとしない所に大きな問題があるように思います。

 

もちろん、鑑定の際には無理に「あなたの問題って、コレですよね」というようなことは言いません。

 

無理に突き付けると心が壊れてしまうかもしれないし、人によっては激怒するかもしれません。

自分で気づいて、自分で意識いなければ意味がないんですよね。

 

トラウマの克服をどうすればいいかは分かりませんが、自分が何でエラーを起こしているかを受け入れることができれば、案外トラウマとの付き合い方も上手くなっていくんじゃないかと思っています。

 

人から指摘されて初めて気づくことがあるのかもしれませんが、どうやって指摘するのが正解か分からない以上、話を聞きながら本人が自覚するのを促すくらいしかできません。

 

今起こっているエラーがあるなら、実はその原因が心の問題かもしれません。

そして「自分は大丈夫」と思っていても、客観的に見たら「正常な範囲を逸脱している」こともあるかと思います。

 

いつか、その「自分が大丈夫」という現実を直視しない(できない)ことが原因で、生活に支障をきたすことがあるかもしれません。

 

いつだって、占い師は話を聞いたり占術で少しずつ明るい方向性を促すことしかできませんが、話すことで何かに気づくキッカケになればと思っています。

 

「自分は大丈夫」というキーワードを、最近頭に思い浮かべたことがある人は要注意です。

 

そう言っている人、そう思っている人ほどヤバイ状況になってるのかも。

 

占星術をやっていると、自分のこういう部分って、出生図のどこに出ているんだろう?

と考えることが多くなります。

 

そして、そこを注意深くみていくことで、自分の習性のようなものを知ることができます。

 

自分のパターンが分かれば、いろんなことに対して迷うことが少なくなります。

今回テーマに挙げた「学習方法」についても同じことが言えると思います。

 

例えば私の場合。

 

どうも子供のころから何かを習得する時、人と違う手順のことが多かったんですよ。

 

ほとんどの場合、結論や結果、答えを先に求めてしまう傾向が強いんですね。

そういうタイプの場合、何かを習得させるときに

 

「はい、まずは基礎から!」

 

なんて、やり方をされたらイライラして「やってられるか」となるわけです。

 

それでも何かを習得する時って基礎は大事ですよね。

だから、答えや結果、最終形態をチラつかせたりすることで

 

「ゴールはここなんですよ、そのためにまずはココからやってみましょう」

 

的な方法が最適なわけです。

でも、そんな自分の習性を知らない私は、昔から何かを習得する時に逆からスタートすることが多かったのです。

 

例えば、運転免許を取ろうとしたときのこと。

 

まず、大学生の頃にバイトしたお金で子供のころから憧れていたバイクを買いました。

その時点で免許はない(;^ω^)

 

そこから、教習所へ通わずに直接試験場に乗り込んで免許を取るわけです。

 

普通は、教習所→免許取得→車両の購入というパターンが多いですよね?

 

私の場合はまずは、一足飛びに結果が欲しいんです。

なので、車両の購入→免許の取得になるわけですね。

(教習内容は自分で頑張れば割愛できるので行かない)

 

他のことでも同じです。

 

カメラに関しても「こういうシーンを撮りたい!」と思ったら、その撮影をしてみます。

当然、初心者ですからできません。

カメラに詳しい人にしてみれば、「最初からそんなん狙うのは無理」と言われます。

 

でも、撮りたいものがあるから、それができるように勉強し、努力するわけです。

 

要は「欲しいもの」「やりたいこと」を先に設定しておいて、そこに至るまでに不足しているものを後から埋めていくスタイルなんですよ。

 

そういうタイプの人間に、どこまでやればゴールなのか分からないまま「基礎が大事」とコツコツ学習することを求めても継続しないんですよね。

 

ちなみに、私の水星は射手座です。

 

火のサインなので直感重視でやりたいことしかやりません。まずは「やってみる」ことが大事です。

柔軟宮なので、あれやこれやと試して状況に応じて変えていくことができますが、飽き性という側面もあります。

また、射手座の水星はディグニティが低いため、注意力散漫で無駄が多い傾向があります。

 

こうやって情報を挙げていると、テキスト通りでリアルな人物像に繋がりにくいんですが、自分に落とし込んで考えてみると分かりやすいです。

 

もちろん、他の惑星とのアスペクト次第で随分と変わってくることが多いのですが、それでも大体の特徴はとらえていると思います。

その人の得意な習得パターンを知ることができれば、実生活にも役立ちます。

 

例えば子育て。

 

実際、「この子にはどんな教え方がいいですか?」と聞かれることが増えてきました。

 

大抵の場合、自分がやってきたやり方で教えていこうとする人が多いなか、自分の子供にとって合ったやり方を模索できる親御さんってすごいですよね。

 

親子で「習得の仕方」が全く違っていれば、親目線からは「この子は集中力がない」とか「基本的なことができても応用ができない」となったりします。

人にはそれぞれの「落とし込みやすさ」ってものがあって、その方法は違います。

その部分を知ることができれば、ずいぶんとアプローチの仕方が変わるんじゃないでしょうか。

また、自分自身のパターンを知ることができれば、何かを習得する時の心の壁も低くなりますよ。

 

占いは役に立ってナンボ。

 

そんな気持ちで占い師をやっています。

 


Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM